>>ビデオ関連商品>>HDFury>>ARCANA

ARCANA (eARC対応HDMI音声分離器・eARCアダプター)

eARC対応TVがなくても、eARC対応サウンドバー・スピーカーを接続可能に!
eARC対応TVをお持ちの方は、リップシンク(Lip Sync)の問題が解決できます!
また、独自の映像変換技術でLLDV映像をHDRに変換できます。

HDRのみ対応のTV、モニターでLLDV映像を視聴できます。

 

ARCANAは、HDMIソースからeARCを分離し、eARC非対応TV・プロジェクターを通さずeARC対応サウンド機器で音声を再生可能にする、世界初のeARCアダプターです。

接続情報を一目で確認できる有機ELディスプレイを搭載し、直感的な操作でオーディオの操作やeARCの設定だけではなく、ディスプレイ解像度のスケーリング、LLDV映像をHDRに変換可能です。


eARC/ARC対応のAVR、サウンドバー(SONOS Arc/BOSE 500/BOSE 700/BOSE 900等)、ヘッドフォン等に最適です。

ご確認ください
※ハードウェアの初期不良などについては弊社環境にて動作確認の上対応させて頂きますが、弊社で確認できない個別の環境での不具合については、メーカーのサポートサーバー経由でのサポートに限定させて頂く場合がございます。
※相性問題での返品は承ることができません。
※ご使用には別途、USB-ACが必要となります。
 USB-ACは付属いたしませんので、5V、2A(USBの形状はType A)のものを別途ご用意下さい。


ARCANA概要 eARCの問題とは? ARCANA活用例 製品仕様 接続例 製品情報

ARCANAは世界で初めてのeARCアダプターです。


任意のHDMIソースのオーディオを任意のARCサウンドシステムに、任意のHDMIソースのフルオーディオを任意のeARCサウンドシステムに、最大Dolby Atmos、Dolby TrueHD、Dolby MAT Atmos、DTS-X、DTS-HD Master Audio、およびそれ以前のフォーマットに対応させることができます。 

ARCANAはあらゆるHDMIソースとeARCやARCサウンドシステムとの相互運用性を実現します。

 

ARCANAは、ハードウェアとしては、HDMI入力×1、スケーリングオプション付きHDMI出力×1、eARC出力×1、アップデート用USBタイプA、電源用USBタイプC、RS232、有機ELディスプレイ、側面には、デバイスシステムの有機ELディスプレイメニューを操作するための回転スイッチを搭載しています。

 

入力は4K HDR/HLG/DV/LLDV/HDR10+の最大18Gbpsの映像出力が可能で、現在存在するあらゆるサウンドフォーマットをサポートし、HDMI映像出力は18Gbps出力または4K/UHDを2K/FHDにダウンスケールが可能です。

EDIDマネージャーにより、TVビデオ機能とサウンドバー等、オーディオ機能の最適なミキシングを実現します。

HDCP変換も可能で、クロマ/色深度や色空間などの信号をダウンスケールして実行することができます。


また、ARCANAは、LLDV対応のソースから任意のHDR10ディスプレイへのDVコンテンツの再生も可能で、HDRメタデータのnits値をリアルタイムで増減させることができます。


HDMIの接続情報は、有機ELまたはOSDで一目で確認できます。


eARCは、HDMI2.1規格(HDMI入力/ eARC出力)に基づく新しい音声機能です。

また、HDMI 2.0b規格に基づいて構築された一部のテレビにも実装されており、HDMI出力/ eARC入力を介してサウンドバー等に接続すると、eARC対応のサウンドシステムで処理され、TVアプリケーションおよび外部HDMIソースからAtmos over True HDまでのFull Audio再生が可能になりますが、一部の形式はまだサポートされていないため、eARCは完全な標準ではありません。

 

受信側では、HDMI2.1 AVR機器には技術的な課題があり、1500MHz / 48Gbpsの信号をルーティングするには高いコストがかかります。

一部のメーカーは、SONOSがSonos Arcサウンドバーで行ったように、eARC入力のみを備えたeARC対応のサウンドシステムを提供することを選択する場合があります。

多くのメーカーは、HDMI2.1がより広く採用されるようになるにつれて、今後数年間でeARCのみに対応したソリューションを提供することを期待されています。
eARCのみに対応したソリューションを提供することにより、メーカーはビデオ信号の処理を実装する必要がないため、ライセンス料やそれに伴うサポートの問題を軽減することができます。


eARCのみ対応した機器が普及することによる問題は、eARC対応TVでなければすべての機能を使用できないことです。

eARC TVは、入力からHDMI信号を受け、そのうちの1つ(HDMI入力/eARC出力)からeARC経由でフルオーディオ提供をすることができます。

現在市場は、プロジェクター、PCモニター、ARC 5.1TVなどeARC機能を備えていないテレビが一般的です。

 

ARCANAを使用すれば、eARAC対応TVのようにHDMI入力でHDMI信号を受信し、別のHDMI入力/eARC出力からフルオーディオを提供可能です。

 

eARC非対応TVとeARC対応オーディオ機器でDolbyAtmosを再生する

テレビがeARCに対応していない場合、新しいテレビを購入しない限り、eARCを使用することはできませんが、ARCANAを使用してeARC対応を対応を実現できます! 

テレビやプロジェクター、モニターなどがeARCをサポートしていなくても、ARCANAを使用すれば、上図の通り、任意のHDMI出力機器(AppleTV、PS5、Xbox、パソコン等)からのHDMI信号をTVおよびeARC対応オーディオ入力機器でサポートされている形式(Atmos over TrueHDを含む)で分配して出力可能です。
ARCANAは、様々なデバイス(ソース、スイッチャー、スプリッター、マトリックス、および当社のデバイス)からのHDMIビデオ/オーディオ出力を適切なHDMI信号に分配します。

 

eARC接続による音声遅延の改善(リップシンク問題の解消)

 

従来のテレビは接続されたeARC信号から読み取ることができるCDSに基づいて独自の内部EDIDを変更することはありません。

eARC信号が処理できる内容に応じて、受信したオーディオを(遅延して)ダウンミックスまたは再エンコードするだけです。

これが、eARC対応TVに接続したときに、音声の遅延(リップシンクの問題)が発生する可能性がある理由になります。

この問題はArcanaで改善可能です。


  • 様々なHDMI入力/出力から任意のeARCサウンド・システムへAtmos/TrueHDまで対応
  • eARC TVに接続された外部HDMIソースを使用した場合に発生するリップシンク問題を解決
  • HDMIソースからeARCサウンドシステムARCサウンドシステムに対応
  • 出力時のTVから入力時のソースへのCEC制御
  • ソースからeARC/ARCサウンドシステムへのCECボリュームコントロール
  • テレビからeARC/ARCサウンドシステムへのCECボリュームコントロール
  • テレビからのARC検索 eARC/ARCサウンドシステムへのARC入力
  • HDMI 2.0b フル オーディオ/ビデオ パススルー 最大18Gbps/600MHz (SDR/HDR10/DV/LLDV)
  • HDR10ディスプレイでLLDV対応のソースからDVコンテンツを再生して画質を向上
  • HDMI2.0bフルオーディオ/ビデオ出力ポートには、1080pテレビの画質を向上させるためのオプションのダウンスケーラー搭載
  • HDCP 2.2 > 1.4変換
  • 必要に応じて、クロマ、カラースペース、色深度の修正を行います。
  • HDR再生中、リアルタイムでHDRメタデータのnits値を増減します。
  • OSDやOLEDでHDMIの詳細接続情報を確認可能
  • OLEDメニュー操作用ロータリースイッチ搭載
  • USBタイプC(電源用)とUSBタイプAメス(ファームウェアアップデート用)
  • RS232 ジャックコネクター搭載(システムインテグレーター用のため、一般ユーザーではご使用頂けません)

 

製品仕様

HDMIリビジョン HDMI 2.0b (Level A) 600Mcsc ? 18Gbps
対応仕様 600MHz/18Gbps HDR、 HDR10+、 HLG、 DV & LLDV、 eARC、 ALLM、 IMAX
最大解像度 4K60 4:4:4 8b、 4K60 4:2:2 12b、 4K120 4:2:0 8b 又は 8K30 4:2:0 8b
入出力ポート HDMI入力×1、HDMI出力×1、HDMIeARC出力×1、RS232×1、USB-A(アップデート用)×1、USB-C(電源用)×1
パススルー・
ダウンスケールポート
UHD 2160p & 4K/DCI to FHD 1080p & 2K/DCI
フルオーディオ
eARCポート
サウンドバーなどeARCサウンドシステムへの入力時にHDMIソースからTrueHD経由で最大Atmosまでのフルオーディオに対応
信号変換 解像度、クロマサンプリング、色空間、色深度、HDCP
HDCP変換 CST1をサポートする任意のHDCPから任意のHDCPへ変換可能
操作モード CEC、eARC、ARC、EDID管理機能を備えた18Gbpsスケーラー、スプリッター
スペシャルモード DV/LLDVをHDR10ディスプレイに、HDR nits値をブースト、HLG>HDRを変換、HDMIドクター機能
EDIDモード TVのみ、TVビデオ+SONOSオーディオ、SONOSのみ、全モード用オプションLLDVデータブロック
操作モード OLEDと回転スイッチ、RS232
On Screen Display(OSD) オン/オフ/タイマー、テキスト色を選択
OLED 1″対角, 128×64, 2色
製品寸法 10 x 6 x 2.2cm
製品重量 120g
入力ラグ <1ms (nanoseconds count)
その他 3D対応、 CECパススルー、DSD、eARC (HDMI2.1)

接続例 - eARC対応サウンドバーを接続する場合



ソース機器のHDMI出力をArcana HDMI入力に、Arcana HDMI出力をプロジェクター、モニター、ディスプレイ等に接続します。そして、Arcana eARC出力にeARC対応サウンド機器を接続します。

この接続で1つのHDMIソースからAtmos/TrueHDまでのフルオーディオを転送することができます。

または、ソースにHDMI出力に加えてオーディオ出力がある場合は、HDMIソースをプロジェクター、モニター、またはディスプレイに直接接続することができます。
その後、オーディオソースをArcana入力に接続し、Arcana eARC出力をeARC対応サウンドバーに接続することができます。

※お使いのディスプレイにARCやeARCの入力がある場合は、Arcanaを使ってテレビの音声を取得することもできます。

接続例 - 複数入力


すべてのソースをHDMIスイッチャーのHDMI入力に接続します。
スイッチャーのHDMI出力を Arcana HDMI入力に接続します。
Arcana HDMI出力をプロジェクター、モニター、ディスプレイ等に接続します。そして、Arcana eARC出力にeARC対応サウンド機器を接続します。

この接続で、HDMIスイッチャーに接続された複数のHDMIソースから、Atmos/TrueHDまでのフルオーディオを転送することができます。

注意①スイッチャーがDolbyAtmosに対応しているか確認してください。
注意②ケーブルはそれぞれ入力信号に対応したケーブルを用いてください。


接続例 - 複数入力+ARC



すべてのソースをHDMIスイッチャーのHDMI入力に接続し、HDMIスイッチャーの出力をArcanaのHDMI入力に接続します。
Arcana HDMI出力をTV ARC入力に、Arcana eARC出力をARC対応サウンドバーに接続します。

この接続方法により、複数のHDMIソースからAtmos/TrueHDまでのフルオーディオ、テレビからのオーディオ用のARC信号、ソースやテレビからのCECボリュームコントロールをARC対応サウンドバーに転送することが可能になります。

接続例 - 4入力+eARC


Vertex2またはDivaの出力(TX0)をディスプレイのARCまたはeARC入力に接続し、Vertex2またはDivaのHDMIオーディオ出力をArcana入力に接続します。
ソース機器をVertex2またはDivaの4つのHDMI入力に接続します。
ArcanaのeARC出力をeARC対応サウンド機器に接続します。

この接続で、Vertex2またはDivaに接続された4つのHDMIソースからAtmos/TrueHDまでのフルオーディオを転送し、テレビのARCまたはeARCオーディオを処理して転送することができます。

※代替として、Vertex2またはDivaの出力(TX0)を直接Arcana HDMI入力に、Arcana HDMIオーディオ/ビデオ出力をTV ARCまたはeARC入力に接続することができます。これにより、CECコマンド転送のための同様のソリューションがファームウェアアップデートによりVertex2またはDivaに実装されるまで、ソースまたはTVからサウンド機器へのCECボリュームコントロールが確実に機能します。


接続例 - 複数入力+eARC


ディスプレイのARCまたはeARC入力にSHARC(thenaudio.com)を接続し、SHARCからのHDMIビデオ/オーディオ出力をスイッチャーのHDMI入力の1つに接続します。
その他のソース機器を HDMI スイッチャーの残りの HDMI 入力に接続し、スイッチャーの HDMI 出力を Arcana HDMI 入力に接続します。
Arcana HDMI出力をプロジェクター、モニター、ディスプレイ等に接続し、Arcana eARC出力をSONOS Arcに接続します。

この接続方法により、HDMI スイッチャーに接続された複数の HDMI ソースから Atmos/TrueHD までのフルオーディオを転送し、テレビの ARC または eARC 入力から ARC または eARC 信号を受信することができます。
商品名 ARCANA
型番 ARCANA
JANコード 4562117821474
定価 OPEN
Web通販価格 33,000円(税別:30,000円)送料無料
製品概要 eARCアダプター
付属品 USB 電源ケーブル typeA-typeC
※ご使用には別途、USB-ACが必要となります。
 USB-ACは付属いたしませんので、5V、2Aのものを別途ご用意下さい。
保証期間 ご購入後12ヶ月 (相性での動作不良は保証・サポート対応外です。)
当サイトでご購入の方は1ヶ月延長!(計13ヶ月保証)

BOSE、SONOSは、一般に各社の商標または登録商標です。

ARCANA概要 eARCの問題とは? ARCANA活用例 製品仕様 接続例 製品情報



△TOP